ぶつブツ物主にバラとミニバラ、その他の植物に関するエッセイ風味の園芸日記。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
そろそろ秋バラのために剪定する季節ですが。 01:01
 ベランダのバラさんたちは、暑さにヤラれてグッタリしていたので、8月の間は蕾がつき次第に折り取っていたのですが、暑さが和らいだここ数日、沈黙していたバラさんたちが一斉に新芽を伸ばしてきました。
 やっぱ大切ですね、摘蕾って。
 蕾をつけ、花を咲かせることは、バラ本体にこんなにも負担をかけてしまうのですね。

 枝が枯れる前兆のような怪しい色になっていたブラックティも、水切れ(鉢が小さかったのかな?)とハダニで死にそうになってたアレッサも、前回の記事を書いた後に、一気に枯れこんできたプラムも、元気に新芽を伸ばしていて、復活の兆しを見せています。
 夏前から全く姿を変えなかったメリルも、勢い良く新芽を芽吹かせています。
 取り敢えず、死亡回避はできたのかな。

 でも、シャリファや、ミニのモアや、ブルーKや挿し木のリンカーンなど、6号鉢以下のバラさん(特にミニバラ)が多数お亡くなりに……。
 小さすぎる鉢は水の管理が難しいなぁ。
 あと、バラさんは突然死があるから、新芽が出ないとドキドキしますね。

 今年の夏は暑すぎたからか、ブルー系の大バラの生理的落葉がなくて(去年は丸ハゲになったのに)、何故か、全体的にわさわさです。
 特に、7号鉢のエンジェル・ウィングと、6号鉢のミスティ・パープルが、やたらと元気にわさわさしています。
 和む。

 あと、8月上旬に、シナリオの気分転換がてらに、水切れしやすかったバラさんをいくつか鉢増ししたのですが、6号→7号に鉢増ししたフリュイテが、鉢増し直後から新芽をビュンビュカ伸ばして、蕾を取るのに一苦労でした。
 しばらく沈黙していたエヴリンさん(7号→8号)と、メリル(新苗だったので5号→6号)が、やっと新芽を出してきたのですが、その出方が半端でなくて、ちょっと驚き中。
 元気なのは良いことです。

 取り敢えず、新芽が出ていない分のバラのみ、夏剪定して、新芽が出ているバラさんは剪定ナシで行こうと思います。
 夏剪定しても、弱い株は咲かせない方向でいくつもりですけど。
| 雑記 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by はるか
スポンサーサイト 01:01
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://gokujou.jugem.jp/trackback/28
<< NEW | TOP | OLD>>